対策を専門家と考える

>

専門家の協力が重要

この記事をシェアする

法律で守られる

誹謗中傷されている場合に書き込まれた内容によっては、法律で守られている可能性があるので専門家に相談する前に調べておくと良いです。
内容によって異なりますが、名誉棄損や侮辱罪そしてプライバシーの侵害が適用される可能性があります。
仕事に関係する内容であれば業務妨害罪が適応される事案が見られる事が多いです。

個人情報が多くの方が見る場所で拡散したり、会社の売り上げが下がるような内容を書き込まれた場合にいずれかの法律に違反している可能性があります。
具体的に法律で対処するには専門家に依頼をして、一人で悩まないのが良い方法です。
なんらかの手段がとれる事案の場合は法律をもとに対応をし、運営会社や警察と連携する事が可能です。

内容の削除やアカウントの特定と凍結

悪質な誹謗中傷をされている場合は、一人で悩まずに専門家と相談をして書き込み内容の削除を運営会社に依頼します。
必要に応じて使用されたアカウントのIDを特定して凍結を依頼するのが問題解決に必要です。

削除依頼だけなら自分で行う事が可能ですが、内容によっては法律で対処する必要があります。
二次被害を防ぐためには慎重に行動する必要があるので、弁護士などの専門家と相談をして行いましょう。
根本的な対策を検討する場合は弁護士に依頼をするのが良いです。
一時的に問題を解消して自分の目に触れないようにするなら専門の会社があります。
どのようにして書き込みの削除や犯人の特定そしてアカウントの凍結をするかによって利用を検討します。